失敗しない学習塾の選び方

失敗しない学習塾の選び方

成績を上げるため、受験対策のため、勉強の遅れを取り戻すため、さまざまな目的で学習塾に通う子供たちが増えています。本来は学校の勉強と、予習復習テスト対策といった家庭学習だけで対応できれば良いのですが、なかなか理想どおりにはいかないものです。集中力が続かず自宅で一人で勉強するのがどうしても苦手という子もいますし、難関校を受験するにあたって、どうしても学校の勉強と自宅学習だけでは対応しきれないこともありますよね。


学習塾に通うメリットは、まず「勉強する時間」をきっちりと確保できることです。自主的に勉強をする習慣が付いていない場合、自宅でいざ勉強しようとしても、今日は見たいテレビがあるんだったとか、趣味にいそしんでいたらいつのまにか寝る時間になってしまったとか、時間管理がおろそかになりがちです。
その点、毎日でなくとも学習塾に通うことによって、何曜日の何時〜何時までは、否が応でも勉強する時間として用意されるわけです。また、学校の宿題や予習復習に加えて、塾からも課題が出るので、自宅学習の時間も自然と増えていくことになります。

学校でわからないところを学習塾で

学校の勉強でわからないところを勉強し直したり、学校の勉強では不足してしまう部分を補ったりできるのも、学習塾のいいところです。塾と学校でいずれかで勉強した内容を、さらに後日もう片方で教わることによって、自動的に予習復習の構図が出来上がるのもメリットです。
受験をする場合は、自分一人で勉強をするよりも、学習塾の充実したカリキュラムとプロの講師のもとで、効率よく勉強するのが良い場合もあります。受験にはコツコツと積み重ねる努力はもちろんのこと、テクニックや適切な対策が求められることがあるからです。

学習塾選びのポイントは?

さて、こうした学習塾のメリットを求めて、現代の日本ではたくさんの子供たちが塾通いをしています。小学校高学年で学習塾に通っている子供は、小学校高学年で37パーセント、中学生では50パーセントを超えるそうです。町じゅうの至るところに学習塾の看板が並び、それぞれに合格実績などが高らかに掲げられています。そんな中で、「子供を学習塾に通わせたいけれど、一体どうやって選べば良いの!?」と途方に暮れている親御さんも少なくないのではないでしょうか。


学習塾と一言で言うと、どこも似たりよったりなのではないかという感じがしますが、その中身を見ると実に様々な学習塾があることがわかります。学習塾にはそれぞれ個性があって、授業スタイル、塾内の雰囲気はもちろん、得意分野なども違っていることがあります。
ですから、学習塾を選ぶときには、お子さんの性格やライフスタイル、塾通いの目的、受験の場合は志望校など、こちら側の様々な条件をまず整理して、できるだけピッタリの学習塾を探してみてください。

よい学習塾の選び方のポイント

学習塾に通うということは安価な買い物ではありません。年単位で考えると、何十万円といった費用が必要になってくることも珍しくありません。それだけに、一度通うと決めたなら、簡単に辞めるというわけにもいきません。
しかし自分に合わない学習塾に歯を食いしばって通い続けるのは、子供にとっては相当な負担であり、ストレスになります。なので、最初の「学習塾選び」の段階で、できる限りの手を尽くし、お子さんにとってベストな学習塾をピックアップすることが重要になってくるのです。


インターネットで学習塾のホームページや口コミ情報を確認するのはもちろんのことですが、できれば入塾前にいくつかの学習塾に見学に行かれることをオススメします。大手の学習塾であれば、所属する講師が参考書を出していることも多いので、書店で目を通してみるのも良いですね。
自分にピッタリ合う塾に通うことは、お子さんの成績はもちろん、勉強に対する姿勢にも良い影響を与えますので、ぜひじっくりと腰を据えて、「家庭教師選び」や「学習塾選び」に取り組んでみてください。